×

Status message

We’re building a new UNITAR.org.

As we swap out old for new, pages will be in transition. Thanks for your patience – please keep coming back to see the improvements.

2015年度南スーダン奨学プログラム

2015年度国連ユニタール南スーダン奨学プログラムは、2015年9月22日、南スーダンのジュバにて、隈元美穂子所長(国連ユニタール広島事務所)、 紀谷昌彦大使(駐南スーダン日本大使館)、バラズ・ホリャス国家代表(UNDP)、バルナバ・マリアル・ベンジャミン博士(南スーダン外務・国際協力省)、アリエル・デン・ルアイ大使次官(内閣府)参列のもと正式に開始しました。

2015年度は、南スーダンから女性8名を含む20名の研修生が、20の公的機関と市民社会団体から、厳しい審査を経て選ばれました。研修生は、3つのワークショップとオンライン研修を受け、それぞれが組織ニーズ調査を実施し、南スーダンの直面する課題を解決するためにプロジェクト提案を作成します。プログラム修了後は、各自が作成したプログラムをアクションプランとして実際に実施していきます。6ヶ月間の研修を終え、2015年度南スーダン奨学プログラムは、2016年5月31日に終了いたしました。


概要ビデオ

2015年度南スーダン奨学プログラム研修生20名の行程

関連書類とリンク(英語)

Orientation Session Presentation (PDF)

Fellow's List (PDF)

Fellow's Biography (PDF)

Needs Assessment Report (PDF)

Fellow's Final Projects (PDF)

Project Completion Report (PDF)

Workshop I - Juba, South Sudan - News / Agenda (PDF) / Assignment (PDF)

Workshop II - Hiroshima/Tokyo, Japan - News / Agenda (PDF) / Assignment (PDF)

Workshop III - Juba, South Sudan - News / Agenda (PDF) / Assignment (PDF)


写真:研修生の集合写真(2015年度)。広島で開催された第2回研修、原爆ドーム前にて撮影。